書籍タイトル : 「虚けの舞」 講談社文庫様
お仕事のご紹介です。
書籍のタイトルを書かせていただきました。

c0141944_22272725.jpg
c0141944_22274419.jpg
虚けの舞」 伊藤潤(著)

内容紹介
--------------------------------------------------------------------------------
第34回吉川英治文学新人賞受賞作家!
織田信雄(のぶかつ)が舞う悲しくも滑稽な“虚けの舞”
本能寺の変から十年。天下人となった秀吉は朝鮮出兵の大号令を発した。その前線、肥前名護屋陣(ひぜんなごやじん)にいた二人――秀吉からすべてを奪われた信長の息子・信雄と、秀吉に滅ぼされた北条家の生き残り氏規(うじのり)。この苛烈な時代を二人はいかに生き抜こうとしたのか。絢爛たる桃山文化を背景に描かれる落魄者(らくはくしゃ)たちの戦国絵巻。
--------------------------------------------------------------------------------


4/12に講談社文庫さんから発売されました。
小説の題字を書かせていただくのは初めてです。

リクエスト頂いたのは、力強いけど激しすぎず、品も兼ね備えた深みのある書体。
お気に入りの羊毛筆で書きました。

偶然にも昨年、教室の作品展のテーマはブックデザインでした。
しかも文庫サイズ!
結果的に予習してたことになって、すんなりと制作できました。
何事も廻りまわって後で役立つ時が来るんだなぁと。
カバー袖には、名前も表記いただき有難いです。


http://www.amazon.co.jp/dp/4062775204



» 筆文字制作*筆の幸
» プライベートワーク「文字七変化」

» 女流書家フォント<藤田幸絵>筆文字表札
by fude-sachi | 2013-04-22 22:35 | + works <商業書道>
<< ポスター文字「春」 : JRA... お気に入りマグ >>